カウンセラーは、クライエント様のお話を聴かせて頂いているとき、
「応答」という技術を使って反応しています。

この「応答」は、バーバル的にも、ノンバーバル的にも、
行われています。

前述の通り、理論を学んだら、次は、
クライエント様のお役に立つためにも、
クライエント様を害さないためにも、
「応答という技術を、いかに磨くか?」ということが
最も重要になってきます。

もっと深く言えば、どの精神療法を駆使するにも、
「応答の中に各種精神療法が含まれている」のであって、
どの療法を使おうとも、「応答の高い質と配慮が問われる」ということです。

応答の中に精神療法が入っているということは、
「応答」が、最もクライエント様のお役に立てる技術になる、ということであり、
「応答」こそが、カウンセリングの最重要課題である、ということになるのです。

それなのに、「応答」にクライエント様を害す地雷が埋まっているのだ、
ということです。

このジレンマが、わかりますか?

しつこく言いますが、
自分の応答、言葉と態度ひとつで、クライエント様を害すかもしれない、という
恐怖感、危機感を、強く持ってください。

詳しく言います。

私が今回強く述べたいことは、
悪意がなくとも、故意はなくとも、
クライエント様が不安定で傷付きやすく弱った状態にあるがために
応答ひとつで、いとも簡単に害してしまう、ということが起こるのだ、
ということです。

この条件下にあることを忘れていては、
「害すな!」の本当の意味は、わからないのではないか?ということです。

それほどまでに、クライエント様の状態は不安定であることを、
あなたは本当にわかっていますか?ということです。

「害すな!」の記事に載っている例えのように、
もしこういう反応をもらったら、次はあなたは、それに対し、どう応答するのですか?
ということなのです。

あなたの目の前にいるのは、傾聴訓練に訪れる学習仲間などという人間ではなく、
傷付き、弱り、迷い、怒り、困り、疲れ、焦り、孤独で、不安定で、涙が止まらない、
そんな方々の目の前に
仲間もファシリテーターもスーパーバイザーもいない場で、
1対1で座っている、ということを、

擬似の話題なんかではなく、
その方に「現実に」切迫して起こっていることを話題とされていることを、

こういったことを本当に理解・想定した上で訓練しているのか?ということです。

その上で、「害す可能性」「害してはならない」の本当の意味を、

心理士という職務の責任の重さを、本当にわかっているのか?ということなのです。

訓練仲間ではセーフでも、
相手がクライエント様ならアウトになる応答というものが
たくさん存在するのです。

それくらい、クライエント様はデリケートな状態にあるのです。

習ったからと、応答でむやみやたらに繰り返しや明確化を使っていて、
本当にクライエント様を害さずにカウンセリングができるのか?
ということなのです。

理論というのは、実際にやってみたら、
「なんか妙じゃね?」「なんか変じゃね?」ということが起こります。
それを体験してこそ、気付き、改善でき、本物の技術が身に付くのです。

あなたには、一度の面談で、何度の応答が行われているか、想像がつきますか?
10や20なんかでは、済まないのですよ?
10分で役割を交代するなどということは、ないのですよ?
60〜90分、連続して応答を続けるのですよ?
「振り返り」と呼ばれるコメントなどもらえないのですよ?
1回の面談で、200の応答が行われれば、
200の地雷が埋まっているも同然なのですよ?

極論すれば、応答が100回あれば、あなたの応答次第で、
100回受容することもできるし、100回怒らせることもできるし、
100回明確化することもできるし、100回害すこともできるし、
100回励ますこともできるし、100回殺すこともできる、ということです。

この危機感、わかりますか?

ゾッとすることが、できますか?

その応答は、本当に適切だと言えるのですか?

理論だけを学んでクライエント様を害すカウンセラーになるのですか?

わかったら、怖かったら、本気で傾聴・応答訓練してください。

できれば、ファシリテーターやスーパーバイザーから
高い評価を頂けるようになるまで、訓練なさってください。

ゾッとできなかった方は、もうカウンセラーになるのを、やめてください。



金森は、10年以上の経験を持ってしても、
200分の5の確立で地雷を踏んでいるような気がしてならず、
200分の10の確立で不要な応答か不適切な応答をしているような気がしてならず、
やっぱり毎回「この仕事を辞めたほうがいいんじゃないか」と悩んでいます。

 

Comment