心理カウンセラーの資格を取れば、
すぐに心理カウンセラーとして務まると思う方がおられますが、
それは間違いです。

教科書で勉強するだけでは、まだ何もわかっていない状態と変わりません。

そこで登場するのが、面接訓練、傾聴訓練、応答訓練です。

こういうことを指導して頂くのに、
カウンセリングをしたこともないような方から指導して頂いている方が
かなりおられます。

世の中には、カウンセリングをやったこともないのに、
カウンセリングを教えている方が溢れています。

どうか、カウンセラーになりたい方は、
豊富なカウンセリング経験を持っている方を探し、
必ずスーパーバイザーを得てください。

そして、カウンセリングの経験値が高い方から、
カウンセリングを教わってください。

ここからが本題です。

スーパーバイザーの言うことをキカナイ人が多すぎます。

スーパーバイザーの言うことをキケナイ人が多すぎます。

スーパーバイザーのご指導を、素直に、謙虚に聴けない人は、
カウンセラーをやめてください。

「それの、何が、いけないんですか?」と開き直る方は、
クライエント様のお役に立つどころか
クライエント様を大きく害す可能性が高いです。

カウンセラー自身が危険人物と化しては、どうにもなりません。

カウンセラーは、内省する力が大きくなくてはなりません。

素直で、謙虚で、腰低くいられる、そうあれることが、
素養としてとても大切なことなのです。

それが、必ずクライエント様のためになる、ということです。

常に、「これではいけなかったのではないか?」
「これでは役に立てなかったのではないか?」と
自問自答して自己嫌悪に陥ってしまうくらい内省する、
それでちょうどいいくらいです。

スーパーバイザーから注意を受けてもなお反省できないような人間には、
カウンセラーをやる資格はありません。

 

Comment