心理士には、守らなければならない倫理がございます。

これを、守ることができない心理士が意外と多いことが、
私は残念でなりません。


/翰士は、クライエント様と、カウンセリングの場・枠以外では、
個人的に、外でお会いすることが、許されておりません。

クライエント様が道に迷われているから、と
駅にお迎えに行ってあげることすらできません。

道でばったり会っても、会釈程度に留めるか、
あえて声を掛けない、挨拶しない、(悪くいってしまえば無視だが)
むしろ、気付かないフリや、スルーし合うくらいの方が、
お互いに賢明ですし、お互いに楽だったりします。
クライエント様がどなたかとご一緒の場合は、特に挨拶しない方が良い。
「あの人だぁれ?」という話になり、嘘をつかせる負担を掛けさせてしまう。
心理士の側も、外で突然クライエント様と話せるような、適切な準備もできていない。

たとえクライエント様がご卒業なさったとしても、
その後何年経とうとも、友達にもなれませんし、デートもできません。

カウンセリングは「枠」というものがとても重要なものです。
なぜこの「枠」が大事なのか、原理・根拠としてきちんとわかっている必要があります。
わかっていないと、心理士はこの枠を、平気で侵していくようになります。

それをしないためには、さらに、
陽性転移・陰性転移・逆転移についても、きちんと自己一致できているべきですし、
必要であれば早急にスーパーバイズをお願いするべきです。

これができていれば、クライエント様を害すことなく、
そして心理士自身も、自分の身を守ることができます。

そう、この「枠」を守れないことは、
心理士の身を滅ぼすことにもなっていくのです。

「枠」というのは、
場所という観点も、時間という観点も、料金を挟む、という観点も、
全て含まれて「枠」なのです。

「倫理だから、ただ守ればいい」ということではなく、
なぜいけないのか、なぜ枠が必要で、なぜその枠が自他を守るのか、
その理論・原理・理由・根拠を、
自身でしっかり噛み砕いている必要がある、ということです。


⊃翰士は、クライエント様に対し、異様で執拗な営業を行うような、
そのような身勝手な行為は慎むべきです。

異様な営業行為の内容としては、
一方的に電話を掛けて話をし、それに対し料金を取ろうとする、
高額な回数券を「無理に」買わせる、契約書を書かせる、
ご予約キャンセルに対し請求書を送り付ける・泣くなども含まれます。

このような心理士がいることは、残念ながら、
実際にクライエント様や心理士仲間より報告された事実です。

こういったことをするのは、選ばれないカウンセラーがやりがちです。
「素養・性格改善」でも前述してありますが、
依存的で、クライエント様がいらっしゃらないことで自分が崩れてしまうような、
そのような、精神的に未熟な心理士がやってしまいがちな行為です。
クライエント様が生活費に映る、経営にも未熟なカウンセラーがやりがちです。

明確な用件があれば、メールやお電話で伝えて手短に済ませれば良いので、
絶対にこちらから連絡をしてはならない、ということとは違いますが、
その際は「こちらからご連絡をして申し訳ない」旨、ひとこと添えるべきです。

執拗に営業を行ったり、来るように説得したり脅したり泣いたりするのは、
倫理違反と言わざるを得ませんし、距離感を保てない→,鮨す言語道断の行為です。


心理士は、たとえご紹介があってご来談になった方であろうとも、
ご親族の方であろうとも、近しい間柄の方であろうとも、
第三者の問い合わせに対し、守秘義務を守らなければならず、
ご相談内容はもちろんのこと、
「来ている」とも「来ていません」とも答えることはできません。

ご本人の許可があれば別ですが、
基本的には、うんともすんとも、お答えすることができません。

医師ならば、ご親族にのみ、容態を伝えることが可能ですが、
心理士は、それすら、できません。

きついのは、「そちらへ通っていると、本人から聞いている」という場合です。

A:それでも、ご来談している・していない・ご相談内容・状態について、
明言することはできません。

そう、「そのようなことは、一切ご回答しかねるのです・・・」と、
しらばっくれるしか、ないのです。

→これで「そうなんですね」と電話を切らない方がいます。
この場合は、さらに言います。

B:「ちなみに、確認ですが、あなた様は・・・」と、
問い合わせ者が、ご親族なのか、元ご親族なのか、知人の範囲か、
きっちり確認を取り、フルネームまで教えて頂く。

C:「今回のお電話は、その○○さんとおっしゃる方の許可を取って
お電話くださったのですか?」と確認を取ってみますと
「内緒で電話しました」→やっぱり何も伝えることができません。

心理士として、ふいの問い合わせ・質問に対し、
機転を利かせなければならないことが、こうしてあるのです。

とっさの判断・とっさの切り返しで、
適切な対応を取らなければなりません。

決してBの時点で安心して口を滑らせないことが肝要である。

→それでも食い下がってくる問い合わせ・質問攻めには、
戦略を変えて対応します。

D:「私の方では、なんともお答えできかねるのです」
「宜しければ、その○○さんに、直接今の状態を聞いてみてはいかがでしょうか?」
「宜しければ、どうしても気になるようでしたら、
○○さんに先に連絡をして、今も△△カウンセリングルームに行っているのか、
自分もカウンセラーと話してよいか、あなたのことを尋ねてもいいか聞いて、
許可を得てからお電話下さいますか?」とご提案・お願いしてみます。

→これでもダメなら、(「そういう連絡はできない」と言われたら)
これはこの方との関係が良くないことを既に示唆していますので、
さらに戦略を変えます。

E:ここまできますと、問い合わせしてきた方に自覚は無くとも、
このご親族はもう既に「ご不安の強い相談者」と化していると判断し、
さらなる戦略をもって対応することもできる。
しかしEは、心理士の精神的負担が強すぎる戦略ゆえ、
できればDまでで電話を切りたいところである。

ご親族ではない場合は、必ずDまでで対応し、
「お役に立てず申し訳ございません」と丁重にご挨拶し、
静かに電話を切らせて頂きます。

また、問い合わせ者がご親族であっても、
Dまでで対応することがベストであることは間違いないし、
Dまでで済むに越したことはない。

なお、Eの戦略はほぼ滅多に登場しないことと、登場してほしくないこと、
さらに、この場では非常に申し上げにくいことから、別の機会に譲りたい。

Aの時点から、もっと冷たい電話の切り方・切り返しも、ある。

けれども、できれば真摯に、丁寧に守秘義務のご説明をして差し上げて、
申し訳なさそうに電話を切りたいものである。

Dまで3分で済むのだから、お問い合わせしてきた方のお気持ちも汲んで、
丁重にお断りしたいものである。

こういう突然の問い合わせに、
とっさに適切な判断と切り返しを求められるのは、電話である。
メールならゆっくり考える時間があるが、電話は違う。
心理士は、医師よりも硬い守秘義務の範囲を守らねばならないことを
しっかりと自覚して、機転を利かせ、言い方にも十二分に気を付けなければならない。

また、なぜ守秘義務というものがあるのか、というその根拠を、
しっかりとわかっているべきです。

その理解と、クライエント様のためを想えば、
どんなに食い下がられようと、必ず守秘義務は守れる。



倫理は、当然守られていなければなりませんが、
,砲皚△砲皚にも、例外的な対応は、ございます。

,任い┐弌
クライエント様の諸事情や、お住まいの場所の問題で、
ファミレスや喫茶店等の飲食店や、
クライエント様のご自宅まで出張した上で面談することもありますが、
そこが「場所という枠であること」をきちんとお伝えし、
「外でいつでも会えるわけではない」ことをきちんとお伝えする、
そのようなケースもございます。

小さな子供さんは、必ず親御さんに直接引き渡すなど、
セキュリティの観点からお部屋を出たところまで対応することもある。

△任い┐弌
最近お見えになっていない方に対し、「だいじょうぶー?」
「きつくなったらいつでもお越し下さいね」と軽く声を掛けてあげるなど。
決して全ての方に対してはしませんが、
一部分このような連絡があると安心できる方がおられ、
そのような方に対して、稀にお声掛けをするなどです。

また、苦情や陰性転移の場合に、
「電話やメールではきちんと対応できないので、もう一度お越し頂けませんか」と
お願いしてみるケースなど。

でいえば、
20歳に満たない方・あるいは親元を離れている大学生が、
かなりの身体症状・精神症状を呈する場合、
ご本人の許可を得て親御さんにご連絡するなどもありますし、

逆にご本人から「自分の症状をうまく説明できないのですが」と依頼され、
心理士がそれを妥当と判断した場合、ご親族へのご説明を行う場合などもございます。


なんでも「例外だ」「例外だ」といってはなりませんが、
どうしても、稀に、例外的なケースは出てきます。

けれども、基本的には、´↓ともに、
常にきちんと守れる心理士で在りたいものです。

大事なのは、´↓の倫理が、なぜあって、なぜ必要なのか、
その根拠を、きっちりと、理解し、噛み砕かれた上で、
守られていることなのです。

そして、なぜそのケースは´↓の倫理を越えて例外にあたるのか、
その理由を明確に持っていることが、大事なのです。

これが自分で説明できない方は、心理士になるべきではありません。

 

Comment