私が、常に、クライエント「様」と書くのは、
それはクライエント様を、師と思い、
深い敬意をもって接しているからです。

なぜ、師なのか。

それは、クライエント様は、
カウンセラーという見ず知らずの人間に対し、
自分が体験したこともないような出来事、苦難、それに伴う感情を、
自分が知り得もしなかった世界を、教えて下さる存在であるから、です。

それをして頂けるからこそ、
一緒に考え、悩ませて頂くことが、できるのです。


例えばですが、あなたは、
クライエント様が抱くほどの「死にたい」という深い感情や、
「吐くほど、さみしい」という孤独を、感じたことがありますか?

例えばですが、
住宅ローンでもない借金を1000万以上背負う恐怖を
感じたことがありますか?

例えばですが、
そういった感情を行動化してしまうほどの苦しみを、
味わったことが、あるのでしょうか?

例えばですが、
東尋坊や樹海に赴く方々のような苦を、感じたことがあるでしょうか?

正直、心理士を目指されている方の中には、
ここまでの体験をしたことがない方も、たくさんおられるはずです。

そんな体験をしたこともないカウンセラーに対し、
自分にだけひっそりとお話を教えて頂けることが、
いかに大きなことなのか。

クライエント様にとっては、それをお話すること自体も苦しいことなのに、
それを私共に対し、わざわざ語ってくださる。

そのことに、敬意を感じることができないカウンセラーは、
どうしても、奢り(おごり)が出てくるものだと私は思います。


カウンセラーは、
「クライエント様の世界観を聴かせて頂ける・見せて頂ける、
それは大変にありがたいことなのだ」という姿勢で、
常にクライエント様に対しこうべをたれる所存であって頂きたいと思います。

そして、その敬意があってこそ、共感に力を注ぐことができ、
全力でクライエント様のお役に立とう、というエネルギーが湧き、
それがクライエント様に態度・応答をもって伝わっていくものだと思うのです。

金森は、ご不安の強い方には、それを、言葉でも伝えます。
「私が全力で、お力になります」と。
「役所や病院が怖かったら、必要ならば、一緒に行きましょう」と。
そこまで必要なケースも稀にある、ということです。

圧倒的な知識を持っているからと、
カウンセラーの側が偉ぶるなぞ、勘違いも甚だしい。

はじめてクライエント様の世界観を聴かせて頂いたところで、
初回から、さぞわかったようなことを応答するなぞ、さらに言語道断です。

こういうところがありますよ、という情報だけを与えるカウンセリングも、
事務的でカウンセラーとして心が無く、致命的です。

クライエント様を師と考え、敬意をもって関われば、
クライエント様の本当のニーズをつかもうと、心で関わろうと、
必死になれるはずなのです。


自分の体験してきた世界観なぞ、ちっぽけなもの。
そういうつもりで在れば、おのずと、クライエント様は師となるはずなのです。

カウンセラーは、クライエント様がお話してくださることに、
そして、お越しくださることに、常に、感謝すべきです。

私は前述しました。
自分を本当の意味でカウンセラーにしてくださるのは、クライエント様なのです、と。
このもうひとつの意味は、これなのです。

クライエント様が、自分の知らなかった苦難の世界を教えて下さる。
それがあってこそ、初めてカウンセラーにさせて頂けるのだ、ということなのです。

クライエント様が、自分というカウンセラーを選んで下さった。

そして、お話してくださった。

それは、私共に、クライエント様のそばに、たたずむ権利をくださることです。

関わらせて頂いている。

そういう意識を、常に大切にしているべきだと私は考えています。

一度選んで頂いたら、いつまでも選ばれているわけではないんです。

効果を感じて頂けなければ、クライエント様は、離れていきます。
当然のことです。

1回・1回が、大事なクライエント様の時間なのですから、
1回・1回ごとに、常に何がしか必ずクライエント様のお力になるんだ、
そういう意識を忘れないで頂きたいと思います。

 

Comment