傾聴訓練や、応答訓練と、現場の一番大きな違いは、
「クライエント様が不安定である、ということである」と前述しました。

そうです。
学習仲間のように、クライエント様が皆、流暢に語り出すわけではないのです。

うまく話そうと緊張し、結果言葉に詰まって無言になり、
不機嫌から挨拶を無視され、「来たくもない」と暴言を吐かれ、
カウンセラーから嫌われるのではないかと恐れ、
自己嫌悪から泣き出し、嗚咽で日本語が判別できず、
症状から言葉が途切れ、蚊の鳴くような声でしか話して頂けない、
あるいは、結果何が言いたいのかよくわからないクライエント様に対しても、
最終的には、フツーに応答できなければ、現場にはいられないのです。

カウンセラーが迷っていては、動じていては、
さらには、動転して反射的に相手を害す言葉や態度を取ってしまっては、
クライエント様は守れないのです。

けれども、本物のクライエント様で訓練することは、どうしてもできません。

ならばせめて、本当にこれからカウンセラーになりたいのであれば、
まずは傾聴訓練で流暢に語ってくれる学習仲間に対し、
あるいはお友達やご家族や同僚のお話に対し、
本気で聴いて、高い集中力を維持する力を養い、
適切に、害さずに、60分以上連続して対峙・応答できるように訓練なさってください。

どのような状態のクライエント様が訪れようとも、
害すかもしれない恐怖感と危機感を基礎として、どっしりと、安定して、
あたかも恐怖など感じていないかのように涼しい顔をして座っていられるようになるまで、
そのレベルに至るまでの高い応答技術を身につける必要があるのです。

そのレベルに至ったとき、あなたは必ず、
無意味で不要な「繰り返し」「明確化」「要約」などは使わなくなっており、
クライエント様と、とても自然なキャッチボールができるようになっており、
よってクライエント様の緊張を徐々に解いていくことができるようになっており、
応答で害すことなく、クライエント様との人間関係と信頼関係を
自然と築いていけるようになっているはずなのです。

研修という安全で見守られた場なんかではなく、
こちらがクライエント様に対し
安全で見守られた場を提供しなければならないことを、
そして不安定なクライエント様を全面的に受け止め、抱えるのは自分なのだ、
ということを、しっかり自覚していなければなりません。


これは車の運転に似ています。
車という凶器になり得るものに乗っている、
そして自分の運転次第で人を害すかもしれないという恐怖感と危機感を基礎として、
どっしりと、安定して、あたかも恐怖など感じていないかのように
涼しい顔をして運転できるようになれるまで、きちんと教習を受ける。
交通標識、交通ルール、車の構造を理解し、状況判断といったものまで身に付けるために、
実際に車に乗って練習するのと同じなのです。

現場にひとりで出られるようになるには、
まずは理論を学び、教習所内で車に乗ってみて、次に一般道路に先生と共に出て行き、
先生からきちんと高い評価を頂けなければならないのです。

それと同じような流れを、カウンセラーになりたい人は、必ず経るべきです。

カウンセラーの資格を取れるところに通い、資格を取ったら卒業なのではなく、
研修という場(教習所内)で傾聴応答訓練をしっかりと行ってください。

カウンセラーは、どうしても、実際のクライエント様と練習することができません。
そう、一般道路で練習することが、限りなく難しいのです。
だからこそ、一般道に出る前に、「あなたは一般道に出ても大丈夫ですよ」と
スーパーバイザーやファシリテーターから言って頂けることが「仮免許」となり、
この過程がとても重要なのです。

そして、仮免許を持って一般道(現場)にデビューしてから、
あなたに本当の意味で免許証をくださるのは、クライエント様なのです。

私は先に述べました。
「あなたを本当の意味でカウンセラーにしてくださるのは、クライエント様なのです」と。

そうです。
多くのクライエント様から選んで頂けるようになり、
多くのクライエント様のお役に立てるようになって初めて、
クライエント様から、「信頼」「笑顔」という最高の免許証を頂けるのです。

一般道(現場)でクライエント様を害し、事故ばかり起こし、役にも立てない心理士に、
クライエント様は決して、本物の免許証はくださらないのです。

 

Comment