心理士とクライエントとの距離感は、
カウンセリングの進行の要になってくる。

最初のうちはラ・ポール形成の時期だと習うが、
正直現場では、また心理士の頭の中では、
決して初回から「ラ・ポール・・・ラポール・・・」などと
考えていることはない。

とにかく1回目から必死にお話を伺い、共感し、話を整理していき、
回数が進んでいく中で、対峙や応答の質と、信頼形成は連動してくる。

「なぜ先生は、クライエントからジョークを飛ばしてもらえるようになるのか?」
という質問を頂いた。

それは私が、クライエントとの距離感を縮めていくような、
そんな話し方をしているからである。

「話し方」というのは、
声であり、表情であり、抑揚であり、ニュアンスであり、日本語選択である。

それが「心理士の雰囲気」と「話の雰囲気」を作り出す。

真面目な話は、しっかりまじめに話す。
核心に触れる話もせざるを得ないし、
「対決」では厳しいことを言わざるを得ないときも当然ある。

けれども私は、60〜90分の中で、
あえて真面目すぎない応答を挟むようにしていたり、
ちょっと面白い応答をしていたり、
エレベーターホールまでクライエントを見送るときに、
軽くダベるようにしている。

最初は当然、かなり礼儀正しい応答をしている。
簡単にいえば「えぇ、えぇ・・・」という応答からはじまる。
お見送りのときの軽い会話も、失礼に当たらないものにしている。
「○○さんは、暑いのと寒いの、どっちがいいですか?」など。

かといって、何回お会いしても礼儀正しく真面目なまま、ではいない。

だいたい、初回30分を過ぎたあたりから、
「えぇ、えぇ」が「うん、うん」に変容していき、
初回終了時にはかなりの関係構築が可能になる。

回数が進むにつれて、
驚いたときの応答が「うそ?!えーー!!」となり、
さらに回数が進むと「マジで?え?ほんとなの?うわっショックぅ〜」
と言いながら肩を落として見せていることもあり、
「それって、キモい!」「えーー、会社のその人、ちょっと変くね?」
とまで応答が変容することもある。

同じ共感的応答にも、これだけの違いが出せるのである。

そういうところに、クライエントは、心理士の人間味を感じていくのではないだろうか?

年齢層の高い方もたくさんお見えになるため、
全ての方にこのようにしているわけではないが、
本来明るい子、おしゃべりが好きな子、若い方には、
男女問わず、できるだけそういう応答に徐々に変えていくことで、
私はクライエントとの距離感をコントロールしている。

「この人は、自分とざっくばらんに話してくれる」と
心理士が自ら見せていくのである。

そうするとクライエントも、おのずと少しツラれて砕けて話せるようになってくる。
あ、先生に対して、そんな軽い話し方でもいいんだー、と思えるのである。

お気持ちが落ち着いてくれば、その方本来の明るさが取り戻され、
結果クライエント自らがジョークを飛ばしてきたり、
心理士をいじってくれたりするようになる。

しかし大事なのは、クライエントがジョークを飛ばせるようになることではない。
心理士をいじれるようになることでもない。

人との、適切な距離感というものを、体感してもらうことにある。

カウンセリングに訪れる方々は、
色々な意味で、他者との適切な距離感を見失っていることが多い。

そこが回復できて、さじ加減が体感できると、
社会に適応できるようになる。

回数が進んでいるのに、クライエントをずっと緊張させているのは、
心理士に要因があることも多い。

心理士が硬すぎることが要因になることもあるし、
心理士が一切の自己開示を拒むことが要因になることもあるし、
心理士が人間味を見せず、応答が決まりきっていることに要因があることもあるし、
心理士を頼りにできず、安心して寄り掛かれないから弛緩できないこともある。

クライエントが、緊張感を持ちつつも弛緩してカウンセリングを受けられないと、
回復が進んでいかないことになりかねない。

心理士自らが、その回に見合った距離感を、
お話の内容に合わせてコントロールすべきと私は考える。

核心を突くような話をしなければならないときに、
心理士がヘラヘラしているのは、あり得ない。

クライエントがせっかく面白い話をしてくれているのに
心理士のノリが悪いのも終わっている。

場に合わせ、緊張と弛緩をコントロールできるような対峙・応答を
心理士はできるようになるべきです。


また、クライエントは、孤独感が強く、不安も大きいため、
心理士に対し、カウンセラーとクライエント、という関係を超え、
「人と人」として、人間としてのつながりを求めてくる人も多い。

陽性転移そのものというよりは、
クライエントとしてではなく、人間として自分と人間関係を築いてくれ!と
懇願してくる(言葉にはしなくても言葉の端々にそれが出ている)クライエントも多い。

言葉にはされなくても、行動パターンに甘えが容易に判別できることも多い。

そのときは、心理士としては、うんと、かなり、迷うべきだろうと私は思う。

「あーそうですか」と、安易にやれることではない。
そんなに簡単なことではない。
クライエントとの境界線をしっかりと引き続けられないのは、
自らの滅亡やカウンセリングの終了をも示唆する危険なことである。


もうひとつ質問があった。

「過疎地では、クライエントを迎えに行くこともありではないか?」
というものである。

回答は、アリだということになろう。

ただ、私が懸念するのは、その道中のクライエントとの距離感は、
一体どうするのか?ということであり、
道中ずっと無言でいるのか?
話すとしたら、何を話し、セッションとの線引きはどうするのか?
ということなのである。

これが心理士側が自身で解決できるのであれば、
またその方法がクライエントの困惑を招かないことができるのであれば、
送迎はありだと私は考える。


心理士の仕事は、クライエントとの距離感形成とコントロールが
非常に重要な仕事だ、ということを、今一度確認してもらいたい。

近すぎず、遠すぎず、馴れ馴れしくしすぎず、でも少しずつ近くへ。

そして自らの人間関係の築き方は、
時間が進み、回数を追うごとに、深くなっていけるような「話し方」を
できているのか?ということを、まずは問うてみて頂きたいのです。

 

心理士の仕事は、

クライエント様の負の感情を、受け止め続けることです。

1度ではなく、何度も、何度も、
中身が変わろうとも、状況が変わろうとも、
ご不安、心配な気持ち、愚痴、不満、怒り、悲しみ、
自己不一致による苛立ち、悔しさ、情けなさ、罪悪感、劣等感、
やろうとしてもできないときの気持ち、ダメな自分に対する攻撃性、
どのような負の感情でも、受け止め続けることが、心理士の仕事です。

クライエント様は、社会では、泣いたり怒ったり、できないのです。

社会でそのようなことをしたら、信用を失うからです。
そして、相手がどのように思うか、気になるからです。
会社で泣いたり怒ったりする人は、必ず陰で何か言われてしまうのです。

よって、自ら築いてきた信頼を失墜させるような行動を、
社会や家族や友達の前では取れないから、
だから、カウンセリングにお越しになって、
安全な場で、そのような感情を、はじめて安心して吐露なさるのです。

カウンセラーは、どのような負の感情をも、
抜群に受け止められなければなりません。

泣き続けられても、泣かせてあげることが、仕事です。
安心して、泣かせてあげてほしいのです。
せめて、カウンセリングルームでは、うんと、泣かせてあげてください。

怒り続けられたら、一緒になって怒ってあげて下さい。
「いや、それはね、こーいう原因があっての怒りですよね」ではなくて、
「そうだよねぇ!それ、おかしーよねぇ!」と、
一緒になって負の感情を共有し、共感してください。

共感は、簡単なようで、大変に難しいことです。

簡単にできると思ったら、大間違いです。

心理士は、便器であり、スポンジであり、炭です。

できれば、備長炭レベルの質の高いスミとなり、
クライエント様の負の感情を浄化できるべきです。

訴えやお気持ちに対し、それを跳ね返すようなトランポリンであってはなりません。

訴えやお気持ちを吸収し、汚れを吸着し、浄化して、流していく。

その機能を、心理士自らが、体を張って果たしていくのが、
カウンセリングなのです。

心理療法などというキレイな理論だけ並べていては、
この仕事は、果たしていけないのです。

負の感情を、受け止め続ける。
それを、朝から晩まで、そして週に5日や6日、
それを何ヶ月も、何年も、やり続けられなければ、
心理士の仕事は務まりません。

クライエント様に、安心して泣かせてあげることも、
怒らせてあげることもできないで、
暴言を受け止めることもできないで、
この仕事が務まるはずがありません。

このようなこともできないでいては、人の感情を恐れていては、
いつもクライエント様と無難なセッションしかできず、
本当に核心を突くような肝心な話ができなくなってしまいます。

信頼関係や、心が深く通じる人間関係には、
必ず人間の、負の感情や欠点が付きまとっています。
そういうものとも付き合って、深い人間関係になっていくのです。

感情が伴わない表面的なところだけで話をしていては、
カウンセリングは本当の意味で、進んではいかないのです。

クライエント様の良いところや、プラスの感情や成長方向と、
欠点や負の感情と後退方向、全てと付き合って人間関係なのです。

あなたには、できるのですか?

クライエント様の全てを引き受け、
負の感情を、受け止め続けることを。。。

 

クライエント様は、心理士に、一体、何を求め、

カウンセリングルームに、何をしに来るのか。

心理士がどんなに硬い職業であろうとも、商売である以上は、
このことも、きちんとわかっていなければなりません。

はっきり申し上げます。

クライエント様は、カウンセリングルームに、
カウンセリングを受けに来るのではありません。

同時に、心理療法・精神療法を受けに来るのでもありません。

セラピーや、リラクゼーションを求めて来るわけでもありません。


ただ、話がしたくて。

話を本当に聴いてもらいたくて。

自分を強く、深く、わかってもらいたくて。

自分で自分をわかりたくて。

何かを吐き出したくて。

何かに整理を付けたくて。

不安や疲れが強くて。

頼りにできる人を探して、少し寄り掛かりたくて。

問題やお困り事を解決したくて。

それで、カウンセリングに来ているのです。

ですから、最初の1秒目から心理療法を駆使されているとは思いもしない。

カウンセリングや心理士へのニーズは、
上記以外にも、いくらでもございます。

しかし、ご本人すら、そのニーズに気付いておられないことも多い。

けれども、開業心理士には、
明確に語られることのない、クライエント様の本当のニーズをつかみ、
それに応えることが、求められているのです。

このあたりは、マニュアルに則って行動する行政の無料相談の担当者や、
医師の指示の元で精神療法を使う病院勤めの長い臨床心理士は、
非常に疎いところなのではないでしょうか。

けれども、開業心理士の世界では、
マニュアルも、主治医からの方針の指示も、存在しない。

「ただ、わかってもらいたい」方に対し、直そう・治そうとするのは、
心理士の身勝手であるし、

「ただ、話し相手がほしかった」方に対し、あれこれアドバイスするのも、
ニーズを汲み取れていないことに他ならない。

「どうしたらいいですか?」と必死に質問してくる方に、
答えるのか、応えるのか、それが果たして賢明なのか考えるのも、
クライエント様のニーズやニュアンスをつかみ取れていなければ、
お役に立てるような応答ができなくなる。

精神療法を駆使していることは、
実は、クライエント様には、あまり関係のないことなのです。

どのようなお店であろうと、お客様にとっての最重要事項は、
自分のニーズが満たされるか?なのです。

逆に考えれば、カウンセリングにおいて、
心理士がどのような精神療法を使ってどのように働くのかは、
クライエント様にわざわざお知らせすることでもない。

感じて頂くべきは、
この心理士は自分にとって役に立つか?ニーズが満たされるか?
ということなのである。

1回ごとに、
何がしかご満足頂けるか?
何か次回につながるような足がかりが見つかったか?
相性は悪くなかったか?
ホッとできたか?
楽になれたか?
話しやすかったか?
直りそうな気がしたか?
来て良かった、と思えたか?
などのことをお感じ頂けるかどうか?が大事なのである。


バディ
アウェアネス
カタルシス

こういった感覚をお感じになって頂けて、
クライエント様のニーズにお応えしていかなければ、
カウンセリングルームも心理士も、結局は箱と肩書きだけと化すのです。

「カウンセリングとは何か?」ということについて、
心理士側が、利用目的を定義・明言することではない。

カウンセリングの用途や内容についても、
心理士側が「こういうものだ」という押し付けをするのは、
クライエント様にとっては、大変迷惑で、邪魔な概念になる。

カウンセリングは、サービス業です。
どのようなことを求めてお見えになるのか?は、
心理士が、おひとりおひとりのクライエント様のお話や、言葉にならない空気感から、
気付き、掴み取っていくべきなのです。

それが、開業心理士の、責務なのです。

 

心理士には、高い国語能力・読解能力が必要です。

クライエント様は、緊張や不安から、
お話くださることが、順不同になります。
時間軸が、交錯する。

現在のことを話しているようで、過去の話に飛び、未来の不安を語る。
過去の話の時間軸も、5年前・10年前・3年前・1年前と、
順不同にお話が出てきたりするものです。

これは、全くおかしいことではありません。

クライエント様の心の中(頭・脳の中)には、
話したいことが、たくさんあります。

わかってもらいたいことが、たくさんあります。

心理士の仕事は、クライエント様のお話の、
交通整理を担うことです。

ごちゃごちゃな状態を、整理する。

そして、あたかもその方になったかのような気持ちになって、
わかってあげることです。

それだけでも、カウンセリングの効果はかなりあげることができます。

また、「こうなりたい」という像をお持ちの方もおられますが、
それもよく伺ってみると「こうあるべき」というものと混同していることもあり、
また、「本を読んだら、そう書いてあった」ということもあり、
「こういうふうになってほしい」と親や配偶者や恋人に望まれた、ということもあり、
「こういう友達がいて、その人が羨ましいから」ということもありますし、
結果、本当にご本人が望んでいることではないことも、多々あります。

こういうことを明確にしていくために、やはり質問が登場する。

質問し、それに答えて頂くことで何かに気付いたり、
同時に頭と心の整理が進む。

何かを、引き出していく。

そういう会話のキャッチボールを瞬時に行うためには、
そして、要約や明確化のためにも
やはりどうしても、高い国語能力・読解能力は必須です。

応答で返すとは限りませんが、
心理士の頭の中では要約・明確化できている必要があります。

バラバラのお話を伺いながら、心理士の頭の中では順序立てて整列させていく。

過去のお話と何がどうつながるのか理解していく。

それをしながら、今のお話に対し、応答します。

他にも3パターン以上同時にアタマを働かせなければなりませんが。

会話能力・国語の能力、そういった力を付けるためにも、
心理士は、カウンセリングの勉強だけしていては、いけないのです。

普段の生活や、普段の人間関係や、友達付き合い、親族付き合いで、
聴くこと・読むこと・見聞きすることを通して国語能力を伸ばし、
色々なところから、色々なことを、学んでいなければなりません。

心理士には、頭のキレが求められます。

なぜなら、心理士は、クライエント様のお話を、
毎日少しずつ聴くことができないからです。

限られた時間の中で、最高の質を提供するには、
どうしても、頭のキレは必要になってくるのです。

 

心理士は、クライエント様と人間関係を築くことが、仕事です。

お困り事についてお話をして頂く。そのお話を聴かせて頂く。

それを通して、少しずつ少しずつ、人間関係を築いていく。

そのやり取りの中で、クライエント様が、何かに気付く。
その気付きが、行動変容につながっていけば・・・
そんな理論の上に、この仕事はあります。

これは一般の生活でもそうですが、
人と人間関係を築いていこうというときに、
人間として、人の話をただ聞いてるだけ、というのは、
それは、「相手のお話に興味関心を持っている」とはいえません。

「へー」とか「ふーん」とか「そーなんだー」とか言って、
人の話を右から左に聞き流している人がなんと多いことか、
カウンセリングの勉強をし、傾聴訓練を受けたことがある方なら、
どなたでも既に、お気付きになっていることでしょう。

しかし、カウンセラーを名乗っている人の中にも、
「聞いてるだけ」の方がかなりおられるようなのです。

前述しましたが、
「前のカウンセラーはただ聞いてるだけだったんですよね・・・」
という苦情をおっしゃり、私の元へご来談下さった方が
たくさんおられるのです。

ということは、かなり多くのカウンセラーが、
来談者中心療法を使う=聞いてるだけ
という構図になってしまっていた可能性が高い。

いえ、来談者中心療法は、質の高い、正統派の精神療法です。
時間は掛かっても効果が高い療法であり、
素晴らしき「古い海」というものです。

しかしながら、心理士としてというよりも、
普通の人間として、相手のお話を伺っているときに、
「なんでそう思ったのかな?」
「もう少し詳しく聞きたいな」ということがある。

当然、心理士としてなら、なおさらある。

それでも、ただ口を挟まずひたすら聴くのも、悪くはない。

ただ、何の質問もされず、アドバイスもされず、
何回通っても、ただただ聴いているだけのカウンセリングをされるのは、
多くのクライエント様にとって、苦痛になるのは事実のようです。

心理士は、圧倒的な知識を持っていようとも、
やっぱり「カウンセリングバカ」じゃ、務まりません。

普段の生活から、普通の人間関係を、良好に築ける人間で在らねばならない。

それができていれば、カウンセリングでの人間関係も築けるはずだし、
害すことも防げるはずである。

カウンセリングでは、
適度に、そして邪魔にならないタイミングで、
クライエント様に「もう少し、ここを伺いたい」と思う観点を、
ほんの少し質問して差し上げたいものです。

これが、いかに難しいか。

「あーー!そうそう!それが話したかったのー!」というところを、
絶妙なタイミングで、点で突いていく。

そんな質問が、できるか?

できそうで、意外と難しいものです。

古い海は、大事です。

けれども、来談者中心療法において、
「傾聴」=「質問しない・してはならない」ということとは解釈が違う。

かといって、当然、質問攻めもいけない。
根掘り葉掘りも、言語道断。

かといって、何も尋ねず、何のアドバイスも言わず、
ただ相槌を打っているだけの人間関係って、
普通の社会だったら、変ですよね?

変ではないにせよ、人間関係が深まっていかない。

それは心理士も同じです。

60分応答を続ける中で、カウンセリングの理論を駆使しながら、
いかに自然に、会話のキャッチボールをしていくか。

その応答に、何かを気付かせ、何かを築かせるものを、乗せていく。

そういう深さを、カウンセリングは、持っているものです。


 


私は先に、「挨拶ひとつずつ、応答ひとつずつが、
自然な上に、超ハイレベルで配慮されているべきです」と述べました。

それはなぜか?

答えは「クライエント様を害してしまうから」です。

「元気」が禁句なのは、クライエント様を言葉に詰まらせ、
元気じゃなくちゃいけないと思わせてしまい、害すからです。
「おめでとうございます」が禁句なのは、
クライエント様のお気持ちを勝手に憶測し誤解したことになって傷付け、
相談しづらくさせることも、害したことになるからです。

こんなふうに、挨拶や応答ひとつで、
いとも簡単にクライエント様を害してしまうことが起こるのです。

応答は、基礎でありながら、大変デリケートなものであり、
最も技術を要するものです。

最初にお迎えするときの挨拶から、
「ドアが開き、クライエント様の姿が見えた」ということに対する「応答」が
もう始まっている、ということをわかっていてください。

応答ひとつで、カウンセラーは、
クライエント様のお役に立つことも、害してしまうこともできます。

カウンセラーという職業は、
自分の応答ひとつでクライエント様を害してしまうかもしれない、
人を簡単に傷付けることができる、そんな、非常に怖い職業であることを、
強く自覚してください。

例えば。

応答が、ただ少し弱かった、というだけで、
「自分のことを軽く扱った」という気持ちにさせてしまったり、

応答で、ほんの少し別の視点を与えてみただけで、
「わかってくれなかった」という腹立たしい気持ちにさせてしまったり、

応答で、”繰り返し”を使っただけで、
「バカにされた」と感じさせてしまったり、

応答に、”余計なひとこと”が入っていたばかりに、
「自分のことを非難した」という気持ちにさせてしまったり、

応答の、口調や抑揚ひとつで、
「言い方が気に食わない!」という気持ちにさせてしまったり。

こんなふうに、
応答ひとつで、クライエント様を害す可能性があり、
応答は、常に、ありとあらゆるリスクを伴っているのです。

だからこそ、挨拶ひとつずつ、応答ひとつずつが、
自然な上に、超ハイレベルで配慮されている必要がある。
ということなのです。

自分の言葉と態度ひとつで、クライエント様を害すかもしれない、という
恐怖感、危機感を、強く持ってください。


また、クライエント様は、カウンセリングにいらっしゃいますと、
「自分が今どのような状態で、今後どのような治療が必要になるか?」や、
「自分は病気なのか?」
「自分は治る・直るのか?」ということを、
大変不安な気持ちで質問していらっしゃいます。

そのときに、「あなたはこうしないと、こういうふうになってしまいますよ」と
脅すようなことを言う方がおられます。

これは本当に、言語道断です。

カウンセラーとして、終わっています。

こういう言い方・伝え方しか思い浮かばない方は、
感受性に欠けているとしか言いようがないです。

弱っている方には、こういう言い方が一番堪えることを、
そしてそれは大変危険なことである、ということを、わかっていてください。

弱ってはいない私の個人的な見解を述べれば、
お札やお守りやツボを売りつけるインチキ宗教家と同じように見え、気持ち悪いです。

クライエント様の不安をあおるような発言は、未来を絶望させるような発言は、
カウンセラーとして、決してしないで頂きたいと思います。

そうではなくて、
「たとえばこういうペースで何回くらいカウンセリングが進んでいきますと、
こんな風に、これくらいのレベルで楽になっていける可能性があり、
あなたが希望している形に近い状態に、なっていけると思いますよ」という内容のことを、
重〜くもなく、軽くもなく、未来を描けるような形で明るめに伝えてあげられる、
そんなカウンセラーになって頂きたいと思います。

逆に、今のクライエント様には想像もできないような、
輝きすぎる未来を説明するのは、酷です。
その未来は、遠すぎる。→害してしまう。

ほんの少し頑張ってみたら、手が届きそうな、そんな未来を、説明してさしあげてください。


もうひとつ言います。

聴いている「だけ」・・・これもクライエント様を、ものすごく害します。

そのことを、知っていてください。

「前のカウンセラーは聴いているだけだったので・・・こちらに来ました」
という苦情を聴かせて頂くことが大変多いのが現実です。

この件や、応答については、もっと深く後述します。

クライエント様を、決して害すな、脅すな。
これは心理士として、最も基礎的で、最も重要な、心構えです。

決して、常に、忘れないで頂きたいと思います。

そもそも私が、このブログを立ち上げ、
服装だの爪だの素養だのまで厳しく言及しているのは、
全てこの「クライエント様を害さないため」なのです。

 


心理士には、禁句があります。

それは「お元気でしたかー」という一般的なあいさつと、

「おめでとうございます」という言葉です。


普通の人間関係で使う「お元気でしたか!?」という問いかけは、
クライエント様に対して使うことはできません。

なぜなら「元気なワケないから」です。

「元気なら、カウンセリングなんて、来るわけないから」です。

そんなクライエント様に対し、
気楽に「お元気?」というキーワードを使うのは、
デリカシーがありません。

基本一切使わない、というスタンスでいるべきです。


そして、

「最近婚約しまして・・・」
「最近結婚しましてー」
「最近妊娠しまして・・・」
「家を購入しまして・・・」
「最近転職が決まったんですけど・・・」

どれを聴いても、「おめでとうございます」と応答しては、なりません!!

クライエント様は、婚約したことで悩んでおられる可能性があり、
結婚したことによって悩んでおられる可能性があり、
妊娠したことによって悩んでおられる可能性があり、
家を買ったことで重苦しい気持ちになっている可能性があるのです。

「おめでとうございます」と言われたクライエント様は、
はっきり言って、相談しづらいです。→帰りたくなります。


「元気」と「おめでとう」という日本語は、基本、心理士の辞書にはないと思って下さい。

一般社会で使われる一般的な言葉のキャッチボールは、
カウンセリングでは適していません。

挨拶ひとつずつ、応答ひとつずつが、

自然な上に、超ハイレベルで配慮されているべきです。
 

1