心理士とクライエントとの距離感は、
カウンセリングの進行の要になってくる。

最初のうちはラ・ポール形成の時期だと習うが、
正直現場では、また心理士の頭の中では、
決して初回から「ラ・ポール・・・ラポール・・・」などと
考えていることはない。

とにかく1回目から必死にお話を伺い、共感し、話を整理していき、
回数が進んでいく中で、対峙や応答の質と、信頼形成は連動してくる。

「なぜ先生は、クライエントからジョークを飛ばしてもらえるようになるのか?」
という質問を頂いた。

それは私が、クライエントとの距離感を縮めていくような、
そんな話し方をしているからである。

「話し方」というのは、
声であり、表情であり、抑揚であり、ニュアンスであり、日本語選択である。

それが「心理士の雰囲気」と「話の雰囲気」を作り出す。

真面目な話は、しっかりまじめに話す。
核心に触れる話もせざるを得ないし、
「対決」では厳しいことを言わざるを得ないときも当然ある。

けれども私は、60〜90分の中で、
あえて真面目すぎない応答を挟むようにしていたり、
ちょっと面白い応答をしていたり、
エレベーターホールまでクライエントを見送るときに、
軽くダベるようにしている。

最初は当然、かなり礼儀正しい応答をしている。
簡単にいえば「えぇ、えぇ・・・」という応答からはじまる。
お見送りのときの軽い会話も、失礼に当たらないものにしている。
「○○さんは、暑いのと寒いの、どっちがいいですか?」など。

かといって、何回お会いしても礼儀正しく真面目なまま、ではいない。

だいたい、初回30分を過ぎたあたりから、
「えぇ、えぇ」が「うん、うん」に変容していき、
初回終了時にはかなりの関係構築が可能になる。

回数が進むにつれて、
驚いたときの応答が「うそ?!えーー!!」となり、
さらに回数が進むと「マジで?え?ほんとなの?うわっショックぅ〜」
と言いながら肩を落として見せていることもあり、
「それって、キモい!」「えーー、会社のその人、ちょっと変くね?」
とまで応答が変容することもある。

同じ共感的応答にも、これだけの違いが出せるのである。

そういうところに、クライエントは、心理士の人間味を感じていくのではないだろうか?

年齢層の高い方もたくさんお見えになるため、
全ての方にこのようにしているわけではないが、
本来明るい子、おしゃべりが好きな子、若い方には、
男女問わず、できるだけそういう応答に徐々に変えていくことで、
私はクライエントとの距離感をコントロールしている。

「この人は、自分とざっくばらんに話してくれる」と
心理士が自ら見せていくのである。

そうするとクライエントも、おのずと少しツラれて砕けて話せるようになってくる。
あ、先生に対して、そんな軽い話し方でもいいんだー、と思えるのである。

お気持ちが落ち着いてくれば、その方本来の明るさが取り戻され、
結果クライエント自らがジョークを飛ばしてきたり、
心理士をいじってくれたりするようになる。

しかし大事なのは、クライエントがジョークを飛ばせるようになることではない。
心理士をいじれるようになることでもない。

人との、適切な距離感というものを、体感してもらうことにある。

カウンセリングに訪れる方々は、
色々な意味で、他者との適切な距離感を見失っていることが多い。

そこが回復できて、さじ加減が体感できると、
社会に適応できるようになる。

回数が進んでいるのに、クライエントをずっと緊張させているのは、
心理士に要因があることも多い。

心理士が硬すぎることが要因になることもあるし、
心理士が一切の自己開示を拒むことが要因になることもあるし、
心理士が人間味を見せず、応答が決まりきっていることに要因があることもあるし、
心理士を頼りにできず、安心して寄り掛かれないから弛緩できないこともある。

クライエントが、緊張感を持ちつつも弛緩してカウンセリングを受けられないと、
回復が進んでいかないことになりかねない。

心理士自らが、その回に見合った距離感を、
お話の内容に合わせてコントロールすべきと私は考える。

核心を突くような話をしなければならないときに、
心理士がヘラヘラしているのは、あり得ない。

クライエントがせっかく面白い話をしてくれているのに
心理士のノリが悪いのも終わっている。

場に合わせ、緊張と弛緩をコントロールできるような対峙・応答を
心理士はできるようになるべきです。


また、クライエントは、孤独感が強く、不安も大きいため、
心理士に対し、カウンセラーとクライエント、という関係を超え、
「人と人」として、人間としてのつながりを求めてくる人も多い。

陽性転移そのものというよりは、
クライエントとしてではなく、人間として自分と人間関係を築いてくれ!と
懇願してくる(言葉にはしなくても言葉の端々にそれが出ている)クライエントも多い。

言葉にはされなくても、行動パターンに甘えが容易に判別できることも多い。

そのときは、心理士としては、うんと、かなり、迷うべきだろうと私は思う。

「あーそうですか」と、安易にやれることではない。
そんなに簡単なことではない。
クライエントとの境界線をしっかりと引き続けられないのは、
自らの滅亡やカウンセリングの終了をも示唆する危険なことである。


もうひとつ質問があった。

「過疎地では、クライエントを迎えに行くこともありではないか?」
というものである。

回答は、アリだということになろう。

ただ、私が懸念するのは、その道中のクライエントとの距離感は、
一体どうするのか?ということであり、
道中ずっと無言でいるのか?
話すとしたら、何を話し、セッションとの線引きはどうするのか?
ということなのである。

これが心理士側が自身で解決できるのであれば、
またその方法がクライエントの困惑を招かないことができるのであれば、
送迎はありだと私は考える。


心理士の仕事は、クライエントとの距離感形成とコントロールが
非常に重要な仕事だ、ということを、今一度確認してもらいたい。

近すぎず、遠すぎず、馴れ馴れしくしすぎず、でも少しずつ近くへ。

そして自らの人間関係の築き方は、
時間が進み、回数を追うごとに、深くなっていけるような「話し方」を
できているのか?ということを、まずは問うてみて頂きたいのです。

 

心理士の仕事は、

クライエント様の負の感情を、受け止め続けることです。

1度ではなく、何度も、何度も、
中身が変わろうとも、状況が変わろうとも、
ご不安、心配な気持ち、愚痴、不満、怒り、悲しみ、
自己不一致による苛立ち、悔しさ、情けなさ、罪悪感、劣等感、
やろうとしてもできないときの気持ち、ダメな自分に対する攻撃性、
どのような負の感情でも、受け止め続けることが、心理士の仕事です。

クライエント様は、社会では、泣いたり怒ったり、できないのです。

社会でそのようなことをしたら、信用を失うからです。
そして、相手がどのように思うか、気になるからです。
会社で泣いたり怒ったりする人は、必ず陰で何か言われてしまうのです。

よって、自ら築いてきた信頼を失墜させるような行動を、
社会や家族や友達の前では取れないから、
だから、カウンセリングにお越しになって、
安全な場で、そのような感情を、はじめて安心して吐露なさるのです。

カウンセラーは、どのような負の感情をも、
抜群に受け止められなければなりません。

泣き続けられても、泣かせてあげることが、仕事です。
安心して、泣かせてあげてほしいのです。
せめて、カウンセリングルームでは、うんと、泣かせてあげてください。

怒り続けられたら、一緒になって怒ってあげて下さい。
「いや、それはね、こーいう原因があっての怒りですよね」ではなくて、
「そうだよねぇ!それ、おかしーよねぇ!」と、
一緒になって負の感情を共有し、共感してください。

共感は、簡単なようで、大変に難しいことです。

簡単にできると思ったら、大間違いです。

心理士は、便器であり、スポンジであり、炭です。

できれば、備長炭レベルの質の高いスミとなり、
クライエント様の負の感情を浄化できるべきです。

訴えやお気持ちに対し、それを跳ね返すようなトランポリンであってはなりません。

訴えやお気持ちを吸収し、汚れを吸着し、浄化して、流していく。

その機能を、心理士自らが、体を張って果たしていくのが、
カウンセリングなのです。

心理療法などというキレイな理論だけ並べていては、
この仕事は、果たしていけないのです。

負の感情を、受け止め続ける。
それを、朝から晩まで、そして週に5日や6日、
それを何ヶ月も、何年も、やり続けられなければ、
心理士の仕事は務まりません。

クライエント様に、安心して泣かせてあげることも、
怒らせてあげることもできないで、
暴言を受け止めることもできないで、
この仕事が務まるはずがありません。

このようなこともできないでいては、人の感情を恐れていては、
いつもクライエント様と無難なセッションしかできず、
本当に核心を突くような肝心な話ができなくなってしまいます。

信頼関係や、心が深く通じる人間関係には、
必ず人間の、負の感情や欠点が付きまとっています。
そういうものとも付き合って、深い人間関係になっていくのです。

感情が伴わない表面的なところだけで話をしていては、
カウンセリングは本当の意味で、進んではいかないのです。

クライエント様の良いところや、プラスの感情や成長方向と、
欠点や負の感情と後退方向、全てと付き合って人間関係なのです。

あなたには、できるのですか?

クライエント様の全てを引き受け、
負の感情を、受け止め続けることを。。。

 

心理臨床の世界で最も名の知れた資格は
臨床心理士です。

日本国内では、臨床心理士の資格が最高峰であり、
他の資格は、残念ながら、どこの資格を持っていても、大差はありません。

しかし、臨床家になるならば、
必ず1つは、資格を持っているべきですし、
3年〜5年は、みっちり勉強して頂きたいところです。

臨床心理士の資格を取るならば、心理系の4年生大学に進学し、
認知・発達・社会・犯罪・臨床・統計・心理学史・知能検査を含む心理査定・
その他かなりのジャンルの心理学を全て網羅して学ばなければなりませんし、
研究し、論文を書く、研究し論文を書く、という行為を
何年間にも渡ってやり続けなければ卒業はできません。

さらには、大学院では、
英語の文献をスラスラと読めるくらいでないと研究論文は書けませんし、
何を研究したいのか?という主体性がないと、大学院にはいられません。

合計で、最低6年間の学習を経て、
さらには、臨床経験1年以上を経てから、
はじめて臨床心理士の資格試験を受け、
臨床心理士の資格が取れた後も、論文発表、学会発表などの義務があります。

しかし、臨床心理士の資格を持っていても、
社会人経験があり、傾聴訓練、教育分析、精神疾患と薬物への理解、
性格的な素養、見た目、感受性、人間性、人間愛、全てを併せ持っていなければ、
心理臨床の世界に身を置くことはできても、
クライエント様の援助をするのは難しいと言わざるを得ません。

そう。

資格だけ立派でも、良いところに心理職で勤められても、開業しても、

腕がなきゃ、どうしようもない、ということです。

クライエント様を、次々と受け止めていき、
必ず、クライエント様のお役に立つのだ、
必ず、クライエント様を、彼らの望む最善の方向へ導いていくのだ、
必ず、お気持ちもお体も、守っていくんだ、
そういう基礎と、芯がなければ、腕がなければ、
結局は、クライエント様のニーズには応えることができないのです。

心理士に、芯が通っていないと、ニーズに応えられていないと、
知らないうちに、ただ、来てもらっているだけになっているものです。
その場合、クライエント様は、良くなってもいないのに、来なくなります。
来なくなってから気付いたって、遅いのです。

資格だけ立派でも、何にもなりません。

知識ばかり持っていても、何にもなりません。

論文を書いて、研究しても、
クライエント様と対峙できるようになるわけがないのです。

大学や大学院を卒業したところで、クライエントのお役に立てていなければ
それは単なる肩書きだけの人間になってしまうのです。

クライエント様のお力になる!お役に立つ!ニーズに応える!

これがなされなければ、自らの資格も知識も、何の意味も成さなくなるのです。

病院や学校の心理臨床は、最高峰である臨床心理士が担当しています。

しかし実のところ、臨床心理士への苦情は、大変多いです。

汚い、気持ち悪い、暗い。

決まりきった応答しかしてくれない。

何を質問しても答えてはくれない。

絶対に自己開示してくれない。

結果、心が通わない。

若い。社会人経験がない。

不登校も減らない。

何年通っても治らない。

第一声が「ビデオ撮ってもいいですか?」だった。

などなど、色々な苦情が寄せられています。

臨床心理士と出会って、傷付いたクライエント様が、
たくさんいらっしゃいます。

腕のいい臨床心理士もたくさんおられるなかで、
腕の無い、心の通わない臨床心理士もたくさんいるのが実情です。

臨床心理士に限らず、全ての有資格者に、
信念のある、芯の通った心理臨床家になって頂きたいと私は思います。

信念とは、「自分は心理士として、クライエント様に、どうなって頂きたいのか」
「自分は心理士として、クライエント様に、何を提供したいのか」
ということを持っていることだと私は思います。

肩書きだけが立派なのではなく、
覚悟と信念を持って、強烈に腕を磨いて、
本物の社会貢献ができる心理臨床家になって頂きたいのです。

 

2014年7月27日(日)愛知県豊田市で行われました
竹の子会主催の金森の2時間の研修を、
無事、終えることができました。

ご挨拶が大変遅くなりましたが、
研修にご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

研修中、多くの皆様より、
あたたかい「まなざし」と「うなずき」を頂きながら、
何とか講師を務めることができ、ほっと胸を撫で下ろしております。

まなざし、うなずき、そういう、体での表現が、
目の前にいる人を勇気付けたり、安心させたりするんだなぁ、と
私自身が、うんと臨床家として勉強になりました。

質疑応答中心というより、講義中心となってしまいましたが、
皆様より個別に頂戴しましたご質問には、
可能なものに関しましてはブログにてご回答して参りたいと思っております。

皆様にご満足頂ける研修となっていたら良いのですが、
拙い内容でお詫びの気持ちでいっぱいでございます。

また、ご参加者の中でブログを開設なさっている方々が、
私の研修について批評をくださっております。
本当にありがとうございます。
重ねて厚く御礼申し上げます。

今後の皆様の益々のご活躍を、強く深くお祈り致しております。

また8月より、通常のブログ記事を書かせて頂きますので、
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

現在、このブログをご覧下さっている
勉強中の方、プロの方がたくさんおられます。
本当にありがとうございます。

このブログがきっかけとなり、私金森が講師となって
2時間の研修を行うことになりましたので、
謹んでお知らせさせて頂きます。

参加条件がございますが、厳しい姿勢で学ばれたい方は是非ご参加ください。
あえて定員上限20名とする小規模研修ではございますが、
先着順で受付けをさせて頂いておりますので、下記ご案内をご覧くださいませ。


「心理臨床家の在り方を学ぶ」〜現役心理士に聞くタブーなき質問タイム〜

日時:2014年7月27日(日)
   10:15〜12:15 (開場10:05〜)

場所:愛知県豊田市 とよた市民活動センター

主催:竹の子会

講師:こころのそうだんしつTRUTH 心理士 金森真奈美

定員:20名

受講料:2000円

※お申込み・ご参加についての制限がございます
1.竹の子会の基礎講座、中級講座を両方受けたことがある方
2.カウンセラーの有資格者(認定団体等は問いません)
☆上記のどちらか、または両方に該当する方に限り、お申し込みの受付を致します。

急遽決まりました研修でございますことと、
金森は臨床で食べている人間でございますので、
当日は至らない点、多々あるかと存じますが、
皆様にお会いできますこと、直接ご挨拶させて頂けますことを
心待ちに致しております<(__)>